Junior. blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リーダーのつぶやき。

ども、シンヤです。

例によってあんまし寝れてません。いい加減慣れましたね。
そんなん嫌ですけどね。。。(泣)



さて、話は変わり今日はジュニリハでした。



おれがギターで参加してる別バンド、miimiのリーダーであり、かつ、
ポストロックバンドte`で侍ベース弾いてるマサがかなり久々にリハスタに来訪。


2曲聴かせただけでおれがリハのスタートでアネキやアエ子に
言った改善点、問題点をズバリ言い当てるマサ。しかもわかりやすい。



あなたは天才ですか???




本人にそう言った事があるのですが、彼は自分は努力家だと言ってました。
そう、彼のアレンジセンス、音楽知識、機材知識の量はハンパない努力のたまもの。


何年も何年もかけてつちかったノウハウを、我がバンドに授けてくれている。
これは、あり得ないくらいありがたい事で。そして、本来あり得ない事。

普通はそういうのはお金を払っても教えてくれないもの。
でも彼はアエ子やアネキに惜しみなく教えてくれる。



Junior.というバンドは恵まれすぎている。

いつもバンドにアドバイスをくれるマサ、けんちゃん、ハナイのmiimiのメンバー。
デザイン関係で全力でサポートしてくれているhassyさん、

活動初期から撮影をしてくれている星君。
忙しい中かけつけて撮影してくれたスギー君、


そして温かく見守ってくれている皆さん。
多くの人々の支えの元になりたっている。



こんなのは昔から考えたら夢でもあり得ない環境で。
それは、本当に嬉しいし、ありがたい。感謝感謝で心がはちきれんばかりである。





だが、果たしてこの環境は、Junior.の為になっているのだろうか???





人間が本当に伸びる時、成長するときというのは悔しい思い、悲しい思いを
した時で。それをどう乗り越えるかが成長のポイントとなると言います。



こんなに恵まれてて、ライブやったら好意的なお客さんに褒めてもらえて。
俺たちに好意的な人や友達が褒めてくれるのは当然嬉しい。



だが、それだけじゃあイカンのです。



おれはメンバーにもっと悔しい思いをさせたい。そして自分もそうしたい。
そうじゃないと、このまま行ったら、いつか薄っぺらいままで終わる。


上へ上へと伸びる事を急いだ木は、その重みに耐えられずに
ヤワな木へと育ち、雨や風に吹き飛ばされる。


立派な木になりたかったら、まずはしっかりと根をはる事。
まずは、下へ。下へ。悔しい思いをバネに、かっこたる根をはること。



そう、大切なことは、目には見えないのです。




このまま行ったら、いつか必ず風に雨に吹き飛ばされる時が来る。
それは、確実に。多くの人はそうなっていくのだから。

悲しいけど、それが現実だ。


でも、おれはそれは絶対に嫌で。Junior.をそうしたくない。
だからライブの回数を増やす事にしました。

多くの経験を積ませたいから。多くの失敗から学ぶ事があるから。
人間は本当の意味での成長は、悔しい時、悲しい時しかできないのです。



おれがなりたいのは本物の表現者。
偽物じゃない、本物になると決めている。




ちょっと褒められて調子乗ってたんじゃないのか???
今までが上手く行き過ぎてて、怠慢になってないか??



一体、あのライブの後、どれだけ練習してきたんだ??
あのライブ前と比べて練習量落ちてるんじゃないか???



思い上がりも、程々にしないといけない。
倍に増えてて、当然の結果だっただろ???



『努力したものが全て成功するとは限らない。
ただし、成功したものはすべからく努力をしているものである。』


最初の方に書いたマサは音楽にストイックに生きてきた男。
全てを音楽に捧げ、ただただ真摯に音楽に打ち込んで来た男。



そして培った血と涙のつまったノウハウをタダで学ばせてもらうという事。
それが、どれだけの事か、どこまでわかっているのか??



恩に報いる?



言葉で言うのは簡単だ。でも、実際どれだけやってきたんだ???
彼がどれだけの努力の元に培ってきたノウハウだと思ってるんだ???


彼の流して来た汗も涙も、彼が乗り越えて来た苦悩も、
そんなハンパなものじゃないんだ。どれだけの事か、本当にわかっているのか?


きっと『わかっているつもり』だったに過ぎないだろう。
おれも含め、メンバー3人ともまだまだ甘い。

や、二人はかなり頑張ってくれている。
でも、きっとそこに甘えてる部分もある。


行動しか、恩返しを出来る方法はないんだ。
十分やってきた『つもり』???


もっとやってる人は腐る程いる。
やって当たり前の状況なんだ。他のバンドと比べてちゃダメなんだ。



こんな事をリーダーが書くものではないかもしれない。
でも、思う事がある。


今のJunior.はまだ、彼の流した文字通り血と汗と涙のつまった
ノウハウを学ばせてもらう資格があるバンドだとは思えない。



その資格は、ただただ音楽にストイックに生きている人間にしか許されないもの。
事実、多くの人に教えて欲しいと言われても彼は断っていきているんだ。


だから、おれは遊ぶ時間なんか、ホントたまにでいい。
ひたすら、練習をしたい。上手くなりたい。時間がもったいない。



人付き合いが減る=友達が減る?



それがその代償ならば仕方ない、甘んじて受け入れよう。
本当の友達であれば、応援しててくれるはず。見守っててくれるはず。



おれは、応援してくれる人、支えてくれる人の期待には何が何でも応えたい。
それが出来るバンドにしていくことがリーダーの仕事。




優しく、楽しく、末永く。




悪いが、おれはそういうリーダーではない。
遊びじゃあねんだ。大の大人が、本気でやってるんだ。




応援してくれる人がいる。支えてくれる人がいる。
この感謝の気持ちは、ただただ良き演奏をする事でしか返しようがないんだ。



結果を出す事が、最大の恩返しなんだ。




Jnuior.という流線型のロケットシップは、これからスピードをあげます。
キラキラの音の宇宙へ、皆を連れて行く為に。


そう、この3人だから『Junior.』なんだ。この3人だから、魔法がかけれるんだ。
もう昔のバランスじゃない。だれがかけてもバンドは成り立たない。



だから、もっともっと二人が頑張りがいのある環境を作らねばならない。
きっと、それがおれが求める最大の近道なんだろうな。



おれの七色ギターも、リズム隊がしっかり支えてくれなければ、
ただの五月蝿い轟音でしかない。キラキラなんか、しやしないんだ。



おれという歯車の回転は、今後更に早くなるだろう。
でも、アエカ、アネキならばついて来てくれると信じている。



頑張ってくれている今のメンバーに感謝を。
いままでJunior.を過ぎ去っていった多くの人にも感謝を。
そして、支えてくれる彼と、多くの仲間にただただ心からの感謝を。




感謝はただただ音で返すのみ。バンドマンに必要なのは、そういうことだ。





口で言うからには、やってみせよう。





リーダーは、誰よりも仕事をすべきもの。もっともっとストイックに。音楽に生きるんだ。
人はおれには言ってくれない。だから自分で自分を戒めないといけない。




心が、カラカラなんだ。




この心の渇きは、しばらく潤う事はないかもしれない。
やればやる程、渇きも比例して大きくなっていくのです。


それでも、ただただ、想いを込めてギターを弾くんだ。歌を唄うんだ。



いつか、届くとただただ信じて....。





汝、恵まれた環境に渇をいれよ。
音楽の神に微笑んで欲しくば、己に苦難を与えよ。


その苦悶は、表現者たる汝を決して裏切りはしない。
その先にのみ、人々の笑顔が待っているであろう。



風に飛ばされるような偽物じゃない、本物になるんだ。
ライトの光ではない、その人から発せられる本物の光を放てる人間になるんだ。


音楽は、人生を懸ける価値のあるものじゃないかな、って思います。
だからこの1年、死ぬ気でがんばろう。


長い人生だもの、必死に死ぬ程頑張る1年があってもいいと思う。



『立ち止まればそれまで ボクが終わるシルシ』



そういうことだ。




音楽の神様よ、我にもっと試練を与えたまえ。
私は必ずやそれを乗り越えてみせるでしょう。





キラキラの宇宙で、仲間と手をとりあうんだ。





負けてたまるか。






恩という重い想いは、音と言葉に載せよう。






音よ、光となり、我らを包みたまえ。
光よ、優しさとなり、人々を照らしたまえ。












シンヤ
スポンサーサイト
  1. 2007/04/15(日) 08:36:02|
  2. シンヤジャガー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

コメント

コメント皆勤賞狙いの匿名希望です
どーもです

すごいっすね、目標設定
とりあえず3日はまじで楽しみにしてます
オーディエンス多くてちゃんと入れるのかなー
  1. 2007/04/15(日) 22:59:22 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juniorstarlight.blog88.fc2.com/tb.php/15-cf1ac725
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。